新しい時代の事業拡大戦略と新規事業ノウハウ

マーケットを洞察する


large-895567_640

仮説3
マーケットを洞察する

対象となるマーケットを把握する

ニーズのある市場を洞察するということです。
ニーズの範囲や量のアタリをつけるために様々なデータを読み解きます。

属性が類似のマーケット

対象とするマーケットについてリサーチするときに、対象マーケットが既存のいくつかのマーケットにまたがっている場合などがあります。こういう場合はまたがっている複数のマーケットについてリサーチすることはもちろんですが、「属性が類似のマーケット」をリサーチすることで見えてくることが多いものです。

ユーザーの属性ということでは、例えば一般消費者であれば、住まいのエリア、所得層、性別、年齢層、家族構成、利用交通手段、休日の過ごし方などの特性について、対象商品のターゲットと考えるあるユーザー層に対する別のリサーチ内容をもとに「類似の属性」と推定できるということです。

経済・社会・環境の変化を読む

例えば、暖冬の年にはコートの売れ行きは伸び悩みます。雨天での事前予約なしでの屋外イベントに参加する集客は厳しくなります。高齢化社会と情報化社会の矛盾と接点については今後の社会の課題になるかもしれません。
従来はユーザーの属性ごとの需要の流れが大きく変化することはなかったかもしれませんが、取り巻く環境の変化によって、可変範囲が広くなり、需要の方向が一定ではなくなり分散化することがあります。

 


お気軽にお問合せ下さい

PAGETOP
Copyright © Otogiya流実戦術! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.