新しい時代の事業拡大戦略と新規事業ノウハウ

シーズを形成する


businessmen-1039907_640

仮説2
シーズを形成する

事業に必要なノウハウと資源

事業を展開するためには、人材(ヒト)・材料や設備(モノ)・資金(カネ)が必要になりますが、それらは「経営資源」と呼ばれます。そして事業を成功に導くために必要なものが「ノウハウ」です。それらを総称して「シーズ」と称します。

ノウハウ(Know How)

Know Howという英字から分かるように、「どうやればいいのかを知っている」ということです。つまり、専門的な知識・経験・技術・ネットワークなどのことを意味します。
例えば、ある事業が斜陽化して衰退した状況を、その業種とは関連のない社外の事業家が役員を任されて事業を再建するということがあります。その役員はその事業に関しては門外漢ですが、どんな事業でもどう考え、どういう方向に進めることで、どういう結果を導くことができるかを洞察することができます。こういうビジネススキルもノウハウと言えます。

ノウハウや資源が必要なタイミング

事業の実現可能性について考えるときに、事業の流れがストーリーとして描かれていることが重要なバロメーターになります。
事業化のストーリーが具体的かつ明確であれば、どういうタイミングでどういうシーズが必要になるかが分かります。

シーズを確保する方法

既に手元にあるシーズは問題ありませんが、新たに必要なシーズのうち何かが不足していれば、必要なタイミングまでに調達しておく必要があります。人材であれば雇用ではなく、ステークホルダーとして業務委託する方法がありますし、資金であれば投資や融資を受けるために奔走しなければならないかもしれません。

予算を組む

シーズの調達は、あらゆる事業で最も多額の予算を必要とします。何しろ、人件費・材料費・設備費・業務委託費・外注費などですから、事業コストで最も大きな部分を占めます。
予算を組む場合は、収支計画が大前提となります。収支が成立しない中で予算を立てようとするとたちまち破綻してしまいます。

 

 


お気軽にお問合せ下さい

PAGETOP
Copyright © Otogiya流実戦術! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.